どれを使えばいいの?初心者の為のバレルの選び方

バレルの選び方

 

ダーツを初めて投げる時に使用するハウスダーツと呼ばれる軽いダーツがありますよね。

あれは俗にいうブラスと言う素材で出来ているダーツでとても軽くて初心者でもボードに届きやすいので

年に数回BARやネットカフェなどで、お遊び程度でダーツをやるのであれば、あれで十分です。

なので、ダーツが上手くなりたいとか、まったく思わないのであればマイダーツは必要ありません。

まぁたまに、飲み屋に1台だけダーツを置いている店の常連さんの中には、ろくに投げもしないのに

『俺マイダーツ持ってるぜ』なんて自慢気に語る方も一部いらっしゃいますが基本的に豚に真珠ですw

 

ダーツにハマると欲しくなるのがマイダーツ

 

キッカケはどうあれ、ダーツが面白くなって本格的にダーツを始めると一番最初に欲しくなるのがマイダーツ

あれ?何故か他の人は違うタイプの矢を投げている・・・大抵の方はそこで、マイダーツが欲しくなります。

しかし売っているダーツは値段も様々で、どれを選んだらいいかなんてわからない。

今回はそんな肩の為に記事を書いていきたいと思います。

まずは本当に基本中の基本から説明しますね♪

 

ソフトダーツは4つの部品に分かれています。

ダーツはチップと呼ばれる矢の先っちょの部分

ダーツの本体であるバレル

バレルの後ろにつくシャフト

最後にフライト

この4つのパーツを組み合わせたものが基本になります。

そしてSHOPでマイダーツを購入する際は、基本的にこの4つの部品が全てセットになった物が販売されてます。

なので、購入すれば、他に何も買わなくてもその場でマイダーツを使用する事が可能です。

しかし、チップ・フライト・シャフトと言った部品は消耗品になるので、

もしかすると結構頻繁に購入する必要があるかもしれません。

しかしバレルと呼ばれる本体部分は壊れるようなものではないので、

本人が使用している限りは別の物を購入する必要がありません。

バレルは素材によって値段が大きく異なる

バレルはブラスと呼ばれる素材とタングステンと呼ばれる素材に分かれています。

それぞれが素材の重さや強度が違うため、値段に差が出ます。

ブラス素材のバレル

ブラスの特徴としては、素材が黄銅または真鍮とも呼ばれる金属で出来ていて基本的に軽い素材です。

しかし、ダーツを上手くきれいに投げる為にはある程度の重さ(14g~16g程度)が必要になる為、

軽い素材の真鍮などは太くして重さを出すしかありません。

その為、真鍮などの軽い金属で出来たブラスダーツはバレルが太くなってしまうのですが、

メリットとして太いからグリップしやすい(握りやすい)などの特徴があります。

また真鍮と言う金属自体の値段が安いので当然ブラスダーツも値段は安くなります。

しかし、ダーツが同じ場所に飛んでもバレルが太いため弾かれ安いなどのデメリットもあります

しかし、にぎりやすい、概ね2000円以内で購入出来るなど

値段が安いと言う事からも初心者の方に勧めしやすいダーツと言えます。

タングステン素材のバレル

タングステンと呼ばれる素材はレアメタルとも呼ばれる高級な金属の内のひとつで

スウェーデン語で「重い石」と言う意味を持つ重い金属です。

その為、ダーツが細くても重さが保てるため、ダーツの飛びが良くなることやグルーピング(まとまる)する際、

弾かれにくい事からもダーツの上級者やプロも使用しています。

又、タングステン素材の純度が高いほど値段も高くなる傾向にあります。(6,000円~20,000円程度)

理由は、レアメタルなのでそもそも値段が高い金属という事と、

硬度がダイヤモンドの「10」に次ぐ「9」にランクされるほど加工がしにくい為、値段が高くなるのです。

ちなみに私はDMC社のRavenのGold20gを愛用していました。

で、結局はどれを買えばいいのか?

ズバリ!!好みですwww

正直、どのダーツを使ってもある程度の実力がつけば狙った場所に投げれます。

ブラスでもタングステンでもカットがあっても無くてもなんら問題ありません。

自分がいいと思ったダーツがその人の相棒です!好きなものを購入しましょう♪

ちなみにですが私が購入した例を挙げると

ハローズのブラスダーツでシルバーアローで約2週間使用w

ユニコーンのボブアンダーソンモデルを2か月

DMC社のディアブロ半年

DMC社のレイヴェン相棒

ダーツは投げていると新しいダーツが欲しくなるものです。

自分が見てこれがいい!!って思ったダーツを購入しましょう。

間違っても勧められたからと言って思い入れの無いダーツを購入するのだけはやめましょうね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました