ダーツの歴史

ダーツの歴史
ダーツの起源とされているのは、なんと、いまから500年以上も昔のことで、
バラ戦争(1455年)の時代に、戦場に駆り出されたイギリス軍兵士たちが暇な時間に
武器である弓矢を使って特定の的を目がけて矢を射り、誰が一番的に当てるのか上手いか!!
を競い合ったのがルーツとされています。

  結構ヒマな時間も多かったのかもしれませんねw

その後、詳しい理由はわかりませんが、この武器である弓矢を短く切って、
弓を使わずに矢(ダーツの元)だけを素手で投げ合うように変化。
最初はワインの空き樽などをめがけて投げて遊んでいたらしいのですが、その後にもっと気軽にどこでも
遊べるようにするためか、木の切り株を使用し始め、更には気の年輪に点数などをつけるようになり、
更にゲームは複雑化!!
さらにさらに古い切り株は劣化し、ひび割れた木の年輪が今のダーツの形の原型とされています。
  確かにダーツボードっぽいですねwww

 

そして1896年に、英国人であるブライアン・ガムリン氏によって、的に点数区分をつける方法が考案され
今のボードの原型や点数と言った概念が確立され、
寒い冬に手軽に部屋で遊べる遊びとしてイギリスで広まり、現在に至っている訳ですね♪

  一方、ソフトダーツが誕生したのはここから更に90年後、

1980年代に入り、アメリカのメダリスト社がエレクトリックダーツとして、点数の自動計算機能をもち、

ビットと言う矢が刺さる穴の開いたソフトチップが刺さるプラスチック製のボードを販売したのが最初だと言われています。

ダーツライブの元になっている原型を作ったメダリスト社に感謝ですね!!

日本でソフトダーツが流行りだしたのもメダリストのお陰ですし、

なんてったってダーツライブはメダリストとセガの共同開発で生まれたんですからww

正直、ソフトダーツと言う概念が無かったら、日本でダーツが流行する事はなかったと思いますよ

だってハードダーツは音がしないんですもん♪

という訳で、簡単にダーツの歴史を振り返ってみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました