腕の振り方は自分で決めろ!!

ダーツが上手くなるコツ

世の中には、いろんな人間がいて、身長や体形も人それぞれ。

ダーツにおいてもそれは一緒。

身体が硬い人もいれば柔らかい人もいる。

右利きや左利き、更には効き目にも左右ある。

なのに、なぜかボードに対して真っすぐ投げなきゃダメだとか、テイクバックが長い、リリースが遅いとか・・・

押し付けてくる輩が多すぎるとは思いませんか?

大きなお世話と私は声を大にして言いたい!!(笑

投げ方なんて実際狙った場所にダーツが投げられるならなんでもいい。

それが私の持論です。

でもダーツが上手くなるには腕の振りは大事!

投げ方は自由だと思う。

でも、まとまった場所に狙ってダーツを投げるのだから腕の振りは一定にしなければやっぱりダメ。

ではどうすればいいんだろう?

私が考えるに、一番身体がリラックスした状態で楽に腕が振れる場所を探して振ればいいのだと思っている。

とりあえず、

最初は一番リラックス出来るスタンスでラインに立って、目標に向かって真っすぐに前に手を伸ばしてみよう。

そしたら今度は手を下にそのままブランと下げ、反動をつけてさっき手を伸ばした場所に腕を戻し、

戻す際に腕を何も考えず腕をたたんでみよう。

その腕をたたんだ場所が、あなたの身体が一番リラックスした状態で

腕をたためる場所でありテイクバックの位置です。

いやいや手が目の前に手が来ないで耳の真横にきちゃったよ!なんて方もいるかもしれませんが

それならそれで構いません。

その位置をしっかり覚えた上で今度はダーツを投げてみて下さい。

狙った場所に腕が振れてるか振れてるかは別として楽に腕がでませんか?

楽に腕が出せるようになったら

腕が楽に振れるという事は、リラックスした状態で真っすぐ腕を伸ばせるという事。

こうなれば、あとはその振りを何度も何度も繰り返す事で、何も考えなくてもダーツがまとまってくるはず!

でもまったく狙った場所から左に逸れるんだけど・・・・

なんて方は立ち位置を変えてみればいいと思います。

斜めからでも真っすぐ腕が振れていればちゃんと狙った場所にダーツは飛ぶはずですよ。

これを繰り返す事でどんどんグルーピング出来るようになるので、あとは高さの調節だけです。

高さの調節は人それぞれなので、投げ込んで自分のリリースポイントを探さなければなりません。

もうこっから先は感覚と言わざる負えないのではないでしょうか。

なのでひたすら反復練習をしてリリースポイントの感覚を掴まなければなりません。

この際、一番気をつけなければならないのが手先でダーツをいじる事。

ここで下手にダーツをにぎり込んだり下を向けたりと変な癖を作ってしまったりすると

後で後悔する場合もありますよ。

まぁでもそれも個性でしょうから、どうしても握り込みや回転をかけたいなんて人は止めません。

それで上手くなれば、それがあなた流のダーツの投げ方ですので。

さて、ここまでの事が普通に出来るようになってる頃には腕の振り方は身についていると思うので

Aフラ程度までの実力にはなってると思いますよw

実際、私はおんなじ様に50人以上にダーツを教えてきましたが、

Aフラに届かなかったのは女性2名だけですので。

 

(本当に本気でダーツが上手くなりたいと言う人にしか指導してないってのもありますが・・・笑)

 

あぁ後、この方法で練習してると試合の時もリラックスした状態で自信をもって腕が振れるようになるので、

身体が硬直し入らなくなってしまうなどのリスクも軽減されるんですよw

まぁこれが正解だから絶対これをやれという事もありませんので、

一つの選択肢として頭に残しておくといいかもしれませんね。

 

 


ビリヤード・ダーツランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました