ダーツが上手くなるためには重心を安定させることが一番大事

ダーツが上手くなるコツ

ダーツがどうやったら上手くなるのか?

ダーツが上手くなりたいと思ってある程度投げられる人間から指導を受ける事があると思います。

立ち位置が違うとか、肘が曲がってるとか、いろんな方が色んな事を言います。

もちろん要素として、腕の振りやスタンスやグリップ様々な修正が必要となる箇所はあると思いますが、

私は一番大事なのは重心だと思っていますし、これまでもダーツを教えてきた子たちにはそう伝えています。

重心とはいわばミサイルの発射台のようなもので、もし発射台がフラフラしていたら

当然ですが、毎回ミサイルは同じ力や同じ軌道を設定して発射されても、ずれて着弾してしまいますよね。

ダーツも一緒です。

身体はダーツの発射台なので、いくら腕の振りを安定させても、テイクバックやグリップをいじっても発射台がブレていてはダーツがまとまる感覚を身につける事は出来ません。

ダーツの飛びが毎回違う方や、クローズドスタンスなどで重心安定しない方はしっかり体重が足の裏と地面をキャッチしているか毎回確認する事をお勧めします。

特にクローズドスタンスの場合、小指側の側面に体重を乗せている方が多く、重心が不安定になりがちですので、注意して下さい。

このダーツが上手くなるための基本中の基本とも言える重心を安定させるという事をおろそかにしている方も多く、こういう方は感覚でブレを回避して投げる事を覚えてしまい、結果的にAフライト以上になった時に更に上を目指す際に困る結果となります。

デブはダーツが上手い?

太った人にダーツが上手い人が多いと言うのは都市伝説ではありません。

太った人は体重が重いので重心が安定しやすく、最初からこの重心をしっかり意識するという事が意識しないでも出来てしまう為、ダーツを始めるスタートラインから有利なのです。

要するに基本中の基本である重心を安定させるという事が、意識しないでも体重の重さで出来てしまっている為、腕の振りを安定させるだけで勝手にダーツがまとまる様になり、狙った場所に投げ込む練習が出来ていると言うわけですね。

目標に向かってしっかり腕を伸ばす!とても大事な事ですが、これは重心がしっかり取れている場合の話です。

もしダーツが上手くならない要因を探しているのであればこういった基本を押さえる事が上達の近道なのかもしれませんね。

常に重心を安定させるのは大変

ここまで、重心を安定させることが一番大事だと言いましたが、常に片足に負荷のかかるダーツでは、

長時間投げていると自分では気が付かない間に下半身が疲労している場合があります。

下半身が疲労してくると細かいズレが生じてきますので、練習する際も必ず途中で休憩を入れるなどして

休ませてあげる必要があります。

又、重心を安定させるには体幹を鍛える事も有効ですので、ランニングや筋トレ、バランスボールなどを使って

ブレない強い体幹を身に付けましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました