最初はまともにボードにさえ刺さらない本当にへたくそだった

レーティング17になるまでの軌跡

ダーツを始めたきっかけは、とあるビリヤード場に併設されている2台しかないソフトダーツのコーナー。

友人と二人でビリヤードに行った先での出会いだった。

400点以上でワンドリンクサービスだと店の店員に勧められトライ!!

最初は的に届かなかったりアウトボードしたりと散々な結果で結局ドリンクは貰えず

なんだこれ?ダーツなんて意味わからんw

そう思っていた時に店員に、いやー残念でしたね!なんて、したり顔で言われ

ちょっとイラっときた俺はそれから何故かダーツにはまっていったw

その後何度か投げに行ったが、店に備え付けのハウスダーツでは中々上達せず

マイダーツ(ボブアンダーソンモデル)の購入を決意!

めっちゃ投げやすい!!これなら400点行くかもなんて思っていたら速攻で達成!

もちろんブルに入ったわけでもなくキャッチばかりでの成功だったが、素直に喜んだ

そんな時、その店の店長が一緒にプレイしませんか?

勝ったらワンドリンクサービスしますなんてなんて声をかけてきたので内心マジか!!なんておもいつつも承諾。

結果クソ負けwwww

クソ店長!こっちが入らないのをよそにカウントアップでブルに何本も入れてくる。

何がこんなにも違うのかと思いながらも打倒店長を目標に俺は燃えたw

連日の様に練習に行き店長やスタッフと対戦を繰り返すうちに次第にブルに入る様にもなってきてドンドンダーツにのめり込んでいった。

ここまでですでにダーツを初めて投げてから1か月の月日が流れていた。

この時点でカウントアップで最高600点台が出たことに喜ぶくらいの素人っぷり

まだ01もクリケットも知らなかったのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました